ビジネスゲーム研修で企業内人材育成の内製化を支援 | カレイドソリューションズ - 2018年の活動報告

お問い合わせはこちら


ニュース

NEWS

2018年の活動報告

昨年の仕事納めがようやくできた感があり、今年は新暦ではなく旧暦の正月を祝うスケジュール感で、今更ながら昨年の振り返りをしようかと思います。

昨年は、新規事業のずっともが本格稼働したことで、開発が非常に多く、一年を通してずっと開発と書き物をしている1年だった印象があります。
社内的には、学生が本当に戦力になり、良い刺激になりました。私も現状に甘んじることなく、これからも学び続けなければいけません。

開発

開発に明け暮れた一年でした。
開発が増えると、その関連タスクが多くなり、外に出ることが極端に少なくなります。
月2-3件程度しかお客さまとお会いできず、営業メンバーに一任していたような印象がある一方、開発から離れていた時期も長いので勘を取り戻すという点で刺激の多い一年でした。
特に、ずっとも関連では、毎回2万文字弱のデザイナーズノートを書くので非常に頭が整理されるきっかけにもなりました。

顧客向け開発

たまたま、ご縁があり、以下のような開発をさせていただきました。いずれもパッケージ化するかは未定ですが、お声掛けいただければ紹介できるものもありますので、「これは!?」というものがありましたらご相談ください。

  • アジャイル研修の開発
  • 営業教育を目的としたシステム思考の研修開発
  • 製造現場向けアサーション研修「イエナイヨ製造業版」の開発
  • ダイバーシティ研修の開発(近日記事を書きたいと思います)
  • 段取り研修の開発・登壇
  • 管理職研修(マネジメント・部下指導・目標管理・評価)の開発・登壇

ずっとも関連の開発

2ヶ月に一度のハイペースでよく出せたなと思っています。
あと11コンテンツありますがその次にやりたいことを叶えるために、やり抜きたいと思っています。

また、年末からこれらに関するラーニングプラットフォームの作成にも着手できました。
その他、「ずっとも」の基礎研究として数々の開発を平行して進めています。

主な顧客・代理店向け施策

最も大きな出来事としては、ビジョンの刷新になります。
これに伴い、ずっともの二次募集・代理店販売・買取・定額払い・ウェブ会議などの様々な方法で多くの人に届き、
かつ利便性を高める方向に舵を切れた一年でした。

イベント・体験会

セールスを目的としたイベントをしないのかとお客さまから心配されるくらいイベントはほとんどできませんでした。体験会を希望される声も多いので、今年度は体験会をやりたいと思っています。また、登壇場面では私ではないメンバーが登壇することも増えてきました。

社内の出来事

大手企業のお客さまには笑われてしまうかもしれませんが、大幅に出遅れていたIT化に取り組んだ一年でした。
その原動力になったのは、ほぼ学生です。感謝の気持ちしかありません。

社内行事

個人的な悲願だった合宿を実施できました。カレイド杯もチームビルディングに素晴らしい効果があったと思うので、今年もこれから実施予定です。

  • 学生のアルバイト・インターン採用
  • 第一回カレイド杯(近日記事を書きたいと思います)
  • 合宿を神奈川県の藤野芸術の家で開催

業務効率化

はじめてプログラムというものを勉強しはじめました。
フリーランサーの支援を得ながらとりあえずは自動受付システムから始めてみました。

  • クラウドワークス使用開始(外部フリーランサーの積極活用)
  • 主要メンバーのモニターのデュアルディスプレイ化
  • GoogleAppsScriptを活用したイベント自動受付システムの実装

2019年も昨年以上にお客さまの問題解決に貢献できるご提案をできるように、メンバー一同尽力していきたいと思っております。