ビジネスゲーム研修で企業内人材育成の内製化を支援 | カレイドソリューションズ - よく見るけどよくわからない「クリエイティブ・コモンズ」の見方について | ビジネスゲーム研修で企業内人材育成を内製化 | カレイドソリューションズ

お問い合わせはこちら


メンバーコラム

MEMBER COLUMN

よく見るけどよくわからない「クリエイティブ・コモンズ」の見方について

こんにちは、インターンの山田秋です。

クリエイティブ・コモンズという活動があります。日本では、著作権法に照らして、著作物の利用の可・不可を判断することが多いですが、クリエイティブ・コモンズは、単なる可・不可の中間にある利用を可能にするという点で、より柔軟に著作物を利用できるようになるものです。全ての権利が保護される©とパブリックドメインと呼ばれるPDの状態の中間に様々な権利が規定されます。

以下のサイトがとても詳しいので、ぜひご覧ください。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンスとは

クリエイティブコモンズのアイコンの見方

クリエイティブ・コモンズのアイコンはご覧になったことのある方も多いかと思いますが、
いくつかのアイコンが記載されており、その組み合わせによって許可される範囲が規定されます。

まず、条件を示すアイコンには、
・表示(人型)BY
・非営利(¥マークにスラッシュ)NC
・改変禁止(=)ND
・継承(回転する↺)SA
があります。

継承がややわかりにくいですが、改変してもいいけど、改変して良い権利は継承してねというものです。

クリエイティブコモンズの6種の権利

これらを組み合わせて6種の権利が形作られます。

この際に、「表示」のアイコンは全てに共通して付与されます。表示単独のライセンスを①「表示」といいます。

これにその他3つのアイコンを追加していくと新たに②「表示―非営利」、③「表示―改変禁止」、④「表示―継承」というライセンスができます。これで4つになりました。

更にアイコンを追加していくのですが、改変禁止と継承は同時に成立しませんから、追加できるのは⑤「表示―非営利―改変禁止」と⑥「表示―非営利―継承」になります。

ビジネスモデルキャンバスのクリエイティブコモンズライセンス

今年3月に当社でビジネスモデルキャンバス補助ツールを発売しました。「他社のものじゃないの?」というお声もあるかもしれませんが、実はこれもクリエイティブ・コモンズライセンスがあったから実現できたことです。原著作者は「表示―継承」のクリエイティブ・コモンズでビジネスモデルキャンバスを提供しています。

ビジネスモデルキャンバスによく似たものにスタートアップ向けの「リーンキャンバス」がありますが、リーンキャンバスはクリエイティブ・コモンズに基づいて、「表示―継承」を行っています。「表示―継承」ライセンスとは、

You are free to:
Share — copy and redistribute the material in any medium or format
Adapt — remix, transform, and build upon the material
for any purpose, even commercially.

とあり、任意の媒体・形式で資料の複製や再配布が許可されており、また、商用であっても、目的によらず、素材を再編集・変換・構築して良いというものです。(もちろん、氏名表示と継承の部分は守らなければなりません。)

条件は以下の通りです。

Attribution — You must give appropriate credit, provide a link to the license, and indicate if changes were made. You may do so in any reasonable manner, but not in any way that suggests the licensor endorses you or your use.
ShareAlike— If you remix, transform, or build upon the material, you must distribute your contributions under the same license as the original.

帰属―適切なクレジットを付与し、ライセンスへのリンクを提供し、変更が加えられたかどうかを示す必要があります。(後半割愛)
継承―素材を再編集・変換・構築する場合は、現著作と同じライセンスのもので貢献物を配布する必要があります。

つまり、リーンキャンバスも更に改変可能ですし、私たちが再編集したものも同じく、更に再編集できるような形で配布しなければならないということになります。このようになっていることで、文化が発展しますね。

人気のコラムBEST5

コラム カテゴリー別

コラム 年別アーカイブ