ビジネスゲーム研修で企業内人材育成の内製化を支援 | カレイドソリューションズ - ビジネスモデルキャンバス補助ツールをリリースします | ビジネスゲーム研修で企業内人材育成を内製化 | カレイドソリューションズ

お問い合わせはこちら


ニュース

NEWS

ビジネスモデルキャンバス補助ツールをリリースします

研修内製化⽀援を⾏うカレイドソリューションズ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役 ⾼橋 興史)は、「ビジネスモデルキャンバス暗記ツール」を2021年3⽉29⽇(月)にリリースします。本ツールでは、用語が難しいために覚えにくいことがあるとされる、ビジネスモデルキャンバスを気軽なゲーム型のワークで覚えられるようにしました。

ビジネスモデルを可視化するフレームワーク「ビジネスモデルキャンバス」は、書籍「ビジネスモデルジェネレーション」で紹介されてから、ビジネスモデルを考えるうえで非常に有益なツールとして各種書籍に引用されたりと、普及が目覚ましいビジネスモデルを理解するツールです。

ところが、当社が人事・人材開発のご担当と商談をする中では、外資系の会社様ではビジネスモデルキャンバスの名前を多々伺う一方で、そうでない会社では聞くことが少ないように感じました。次世代リーダー育成の現場でビジネスモデルキャンバスを利用している会社様にヒアリングを行ったところ、活用されにくい原因は、ビジネスモデルキャンバスで使われる言葉が全て英語のため難しく、覚えにくいことだと考えるにいたりました。当社は、リアルなカードを用いたゲーム開発で培った暗記をするためのノウハウを用い、その問題解決としてビジネスモデルキャンバスを暗記できる補助ツールを開発いたしました。

本補助ツールを活用いただくことで、ビジネスモデルキャンバスが身近な知識になることは元より、会社のビジネスモデルを理解・分析するヒントを提供できます。

どんな人が対象?

  • ビジネスモデルキャンバスを見たことはあるがよく理解できていない
  • ビジネスモデルキャンバスを自分で書こうと思うとできない
  • 自社のビジネスモデルを理解したい
  • 他社のビジネスモデルを理解したい
  • ビジネスモデルを理解し、新しい事業やサービスを検討したい
  • ビジネスモデルを理解し、既存の事業やサービスを変化させたい

※ビジネスモデルキャンバスは、strategyzerの著作物です。

どんな内容?

ビジネスモデルキャンバスを分解し、カード化しています。それをパズルのように組み替えながら、簡単なゲームを行い、暗記します。その上で、プラスやマイナスのカードを用いて、ビジネスモデルの検討を行っていきます。


※写真は開発中の着色前のプロトタイプです。

その他の情報

当社が本サービスを提供することに至った背景や、ビジネスモデルとはどういうものかといった基本的な考え方は、代表コラム「ビジネスモデルについて考える」及び「ゲームでビジネスモデルキャンバスを学ぶ」で高橋が詳述しております。ご検討にあたってご参照ください。

ビジネスモデルキャンバスを簡単に説明すると以下のようなものです。

ビジネスモデルキャンバスでは、ビジネスモデルを9つのブロックに分けて、キャンバス上に配置しています。まずは、右側から考えます。最も右型にあるのは顧客セグメント(Customer Segments)です。ビジネスが最終的に届くところです。次に、顧客セグメントに対して価値提案(Value Proposition)を行うわけですが、この橋渡しとなるのが、顧客関係性(Customer Relationships)とチャネル(Channels)です。この4つの関係性はわかりやすく、顧客がいて、価値が提供できる商材があり、それを知らせる関係性と販路であるチャネルがあれば顧客に価値が提供できるわけです。ここから収益(Revenue Streams)が生まれるので、その源泉となっている上記のモデル、すなわち、顧客と顧客に対して提供している価値とその提供プロセスを知ることは必要なわけです。

次に、左側に移りましょう。価値(Value)は突然生まれるものではありません。価値がなければ価値提案もでいませんから、価値を作り出すプロセスも同じく重要になります。価値を産む源泉はリソース(Key Resources)です。また、リソースだけでは十分ではなく、リソースを価値に変えて顧客に提供するわけですから、変換のための活動が必要になります。これを主要活動(Key Activities)といいます。また、リソースは他者から購入することもあれば、主要活動の一部を外注することもあり、こうした相手先をパートナー(Key Partners)といいます。これらに対してはコスト(Cost Structure)がかかります。

最後に下部ですが、右・左それぞれの下部にある収益(Revenue Streams)からコスト(Cost Structure)を減じたものが利益になり、ビジネスが完結します。これらを図解したものがビジネスモデルキャンバスなのです。

会社概要

商号:カレイドソリューションズ株式会社
代表者:代表取締役 高橋興史
所在地:〒160-0022東京都新宿区新宿2-4-8-902
電話番号:03-6908-5245
ウェブ:
https://www.kaleidosolutions.com/
設立:2008年3月
事業内容:研修講師未経験者でも高い参加者満足が得られる、ゲームを用いた研修内製化サービス
≪カレイドソリューションズ公式Facebookページ≫
http://www.facebook.com/kaleidosolutions/

ゲームでビジネスモデルキャンバスを学ぶ

ビジネスモデルについて考える