ソーシャルメディアリスク体感ゲーム「もえったー」 | ビジネスゲーム研修で人材育成を内製化 | カレイドソリューションズ

お問い合わせはこちら

サービス

SERVICE

ソーシャルメディアリスク体感ゲーム「もえったー」

開発背景 〜このゲームはこんな想いから作られました〜

「もえったー」はその名の表す通り、ソーシャルメディアにおける「炎上」をテーマにしたゲームです。 ソーシャルメディアの登場から時間が立ち、それらがより一層身近となっている中で、企業アカウントのSNS(Xやfacebook、instagramやtik-tok)炎上や、プライベートのアカウントでの機密情報の書き込みによる情報漏洩など、教育を行わないリスクが顕在化しています。といっても、この話は約10年前から言われ続けている話です。教育の内容もマンネリ化してしまい、同じ話をルーチン的に聞くことに苦痛を感じる方も多いことでしょう。「もえったー」はソーシャルメディアリスクを短時間で体感できるゲームで、ソーシャルメディアリスクの専門家と共同開発しました。同じ内容になりがちな既存の講習会をより学びのあるものに変える効果が期待できます。

用途 〜普段こんなことを思っている方におすすめです〜

  • コンプライアンスに関する講習会が苦痛そうだ

  • SNSのリスクを自分ごととして
    疑似体験して欲しい

  • 新入社員に社会人としての
    SNSリテラシーを教えたい

  • SNSを使わない層にも
    炎上のメカニズムを理解して欲しい

概要〜このゲームについておおまかにご説明します〜

「もえったー」は、相手よりも多いフォロワー数の獲得を目指すゲームです。自分の発言に対して、その他の参加者が「安全度・危険度」を評価します。危険度の高い発言は、フォロワーを増やす一方で、「有り得ない」と感じられてしまえば炎上に繋がってしまうリスクがあります。ぎりぎり大丈夫だと思っても、有り得ないと思いもよらず受け止められてしまう、炎上のメカニズムを、ゲームを通じて疑似体験できます。

学習ポイント〜このゲームで習得できる理解や認識など〜

  • 発言に対する感じ方の人による違いが分かる
  • SNSで炎上してしまうような発言をしたくなる気持ちが分かる
  • SNSの炎上が、自分が大丈夫だと思っていても起こりうることが分かる

特徴〜このゲームの特徴や仕組みなど〜

  • 1時間以内の超短時間で実施可能
  • 普段SNSで発信しない人も、危険な発言をしてしまう側の心理が分かる
  • ゲームを通じて、ソーシャルメディアのリスクを疑似体験できる

スペック〜このゲームの仕様について〜

  • 参加可能人数

    参加可能人数

    3-4名/テーブル

  • 所要時間

    所要時間

    1時間

  • 対象層

    対象層

    ALL

  • 運の要素の強弱

    運の要素の強弱

    なし

  • ルール説明の難易度

    ルール説明の難易度

    易しい

  • オンライン

    オンライン

    オンライン不可

関連リンク〜関連するゲームや開発秘話など〜

どんなことでもお気軽にお問い合わせください

〜資料請求やセミナーのお申し込みなども受け付けております〜

  • 資料が欲しい

    まずは資料を見て検討したいという方は下記からダウンロードいただけます。

  • 詳しく知りたい

    詳しく話を聞いてみたい方は下記よりお問い合わせください。

  • セミナーを探す

    この研修のセミナーがあるかを知りたい方は下記でお探しください。

  • 導入について

    導入した場合の実施までの流れなどを知りたいという方はこちら。