ビジネスゲーム研修で企業内人材育成の内製化を支援 | カレイドソリューションズ - 雑談力を1時間で強化する「雑技談」をリリース!

お問い合わせはこちら

ニュース

NEWS

雑談力を1時間で強化する「雑技談」をリリース!

カレイドソリューションズ株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役:高橋 興史)は、研修の定期購読サービス「ずっとも」の第一弾ツールとして、「雑技談」を1月22日より提供開始します。雑技談は「ずっとも」ご契約者には定期配送されます。また、本製品のみをご購入頂くことも可能です。

以下、プレスリリースです。

概要

カレイドソリューションズ株式会社(東京都新宿区、代表取締役:高橋興史)は、研修の定期購読サービスの第一弾として、研修ツール「雑技談」を2018年1月22日にリリースします。雑技談では、人間関係を構築するうえで重要な雑談を1時間で学びます。雑技談には、「安全・注意・危険」の3種類のキーワードに分けた話題カードと、あいづちカードなどが同梱され、これらを使用して「話題の幅の広げ方」、「話題の掘り下げ方」の両面を学習します。

学習ニーズが高いのに研修では扱われにくい「雑談力」

VSN の2014年の調査※によると20~40代の会社員(n=600)が不足すると感じスキルの最上位は「雑談力」(29.2%)とあります。若手社員からは「社内外の関係者への会話の切り出し方がわからない」「失礼な話題を振ってしまわないか不安」という声や、ベテラン社員からは「世代の違いから話題が思いつかない」「ハラスメントにならないか不安」という声などがあります。「雑談力を身につけたい」という学習ニーズは豊富です。一方、雑談は誰でもできるものであり、長時間をかけて研修するものではないという認識が強く、取り上げられにくいテーマでした。

会話のきっかけを創る方法論をカード化

研修ツール「雑技談」では印象的なキーワードを用いたカードを活用します。短時間で雑談力を向上することで「雑談力強化に時間はかけられない」人事ニーズと「雑談を学びたい」社員ニーズを同時に満たします。

雑談の分野では、キーワードの頭文字をまとめた「裏木戸に立てかけし衣食住」が有名ですが、「戸(ど)」が「道楽」を示すといわれても若手にはしっくり来ません。そこで雑技談では「天地人」や「学芸」などの熟語で設計し、「天」が「天気・天候」など、漢字一文字をキーワードにすることで、印象的で覚えやすいようにしました。

キーワードは青・黄・赤の3色に分かれ、それぞれ安全・注意・危険を表します。また、裏面には「話題」と「質問」に分けて事例を記載してあります。事例を見ることで、「天」であれば天気の話題のバリエーションを知ることができます。更に、黄色や赤のカードには「このような話題に触れるとキケン」という情報も載せているため、「こういう話題が良い」に加えて「こういう話題は避けるべき」も同時に学べます。

関係を深める「あいづち」をカード化

更に、「あいづち」もカード化しました。雑談は、話題や質問を投げればうまくいくとは限りません。双方が返事をしたり、あいづちをうつことで話題がつながります。「さすがですね」や「知らなかったです」などの、よく使われるあいづちをカード化しました。自由に雑談する中で意識的にあいづちを使うことで、関係が深まることを体感できます。

雑談の幅と深さを身につけるワーク内容

雑技談では、制限時間の中でキーワードを盛り込みながらも自然に雑談を続けることが求められます。このため、幅広いキーワードを足がかりに話題や質問を切り出すことができ、更に、あいづちを活用することで、話題や関係を深めていく雑談を反復訓練できます。

参考URL

雑技談:紹介ページ
https://www.kaleidosolutions.com/support/zatsugidan.html

会社概要

商号:カレイドソリューションズ株式会社
代表者:代表取締役 高橋興史
所在地:〒160-0023東京都新宿区西新宿8-12-1ダイヤモンドビル5階
設立:2008年3月
事業内容:研修講師未経験者でも高い参加者満足が得られる、ゲームを用いた研修内製化サービス

≪カレイドソリューションズ公式Facebookページ≫
http://www.facebook.com/kaleidosolutions/

雑談力強化ツール「雑技談」

facebook