ビジネスゲーム研修で企業内人材育成の内製化を支援 | カレイドソリューションズ - 財務分析用語暗記ツール「財の記憶」

お問い合わせはこちら

サービス

SERVICE

財務分析用語暗記ツール「財の記憶」

買取

開発背景 〜このゲームはこんな想いから作られました〜

財の記憶のアイキャッチ 「財の記憶」は、財務用語を聞いたことがあるが、財務分析の計算式については馴染みがない、覚えていないという学習者を想定した財務分析の計算式を理解するツールです。
財務分析は「一般社員レベルでは必要ない、縁がない」という言葉を聴くことも多いですがそうとは言い切れません。企業の経営者は基本的にミッション・ビジョンを見据えながら、戦略をマーケティングと財務の観点から考え、経営計画を立てます。また、経営者やそれをサポートする部門の社員は、財務分析の指標を観察し、最も有効と考えるものをKPI(特にKFI )とします。それが目標の連鎖を通じて、各従業員の目標になっていくため、全従業員は本質的には財務指標を追いかけていることになります。一方で、財務分析では「棚卸資産回転率」や「固定比率」など聞きなれない財務用語で分析を行いますが、暗記は研修において忌避されがちで、社員レベルでは十分な理解を得る機会が乏しいのではないでしょうか。 「財の記憶」は財務分析の計算式の理解に特化し、経営者だけでなく社員も財務分析を身近に感じられるようになることを目的として開発されました。

概要〜このゲームについておおまかにご説明します〜

財務分析手法をパターンで認識することで覚えにくい財務分析の計算式を短時間で学習します。一人ではクリアできない仕組み、失敗すると点数が減っていく仕組みによってグループ全員でアクティブに学習できます。以下のプロセスを繰り返し、財務分析の計算式を学びます。

  • お題となる財務分析カードをテーブル上に出す
  • 参加者が互いに様子を伺いつつ計算式を完成させる
  • 正解を確認し正解・不正解を判断する

用途〜普段こんなことを思っている方におすすめです〜

  • 財務分析の基本となる
    財務分析の計算式を理解させたい

  • 財務用語の分析での用途について
    基礎を知ってほしい

  • 財務研修の難しさを
    軽減したい

  • 社員に経営者の視点を
    身につけてほしい

学習ポイント〜このゲームで習得できる理解や認識など〜

  • 財務分析の基本となる財務分析の式の理解
  • 財務分析に使われる分析手法のカテゴリの理解
  • 財務分析の理解に伴う経営の視点の獲得

特徴〜このゲームの特徴や仕組みなど〜

  • 財務分析の式の理解に特化した反復型のゲーム
  • 用語の暗記でなく分析手法としての使用方法が学べるため実務で役立つ
  • 一人ではクリアできないゲーム設定で、全員が等しく学びを得られる
  • 財務諸表や指標など実務で使われる基礎的な分析を網羅

カリキュラム〜このような流れでゲームを進めます〜

  • 0:45
    ステップ1「お題の提示」
    お題となる財務用語カードをテーブルに出します。

  • 0:50
    ステップ2「回答」
    参加者が互いに様子を伺いながら手持ちのカードを使ってお題の式を完成させます。

  • 0:55
    ステップ3「答え合わせ」
    カード裏の答えを確認し成功・失敗を判断します。

  •      
  • 1:00
    ステップ4「反復」
    財務分析の式の学習が進むと山札のカードは減っていきます。残りのカードが少なくなるようにステップを繰り返します。

スペック〜このゲームの仕様について〜

  • 参加可能人数

    参加可能人数

    3名〜4名

  • 所要時間

    所要時間

    1時間〜3時間

  • 対象層

    対象層

    ALL

  • 運の要素の強弱

    運の要素の強弱

    やや弱い

  • ルール説明の難易度

    ルール説明の難易度

    やや易しい

関連リンク〜関連するゲームや開発秘話など〜

ご注文は以下のリンクからお願いします
どんなことでもお気軽にお問い合わせください

〜資料請求や体験会のお申し込みなども受け付けております〜

  • 詳しく知りたい

    詳しく話を聞いてみたい、などをご希望の方は下記よりお問い合わせください。

  • 体験してみたい

    このゲームを実際に体験してみたいという方は下記よりお申し込みください。

  • 導入について

    ゲームを導入した場合の実施までの流れなどを知りたいという方はこちら。