ビジネスゲーム研修で企業内人材育成の内製化を支援 | カレイドソリューションズ - 主体性開発ゲーム「パラダイス」

お問い合わせはこちら

サービス

SERVICE

主体性開発ゲーム「パラダイス」

開発背景〜このゲームはこんな想いから作られました〜

元々はグローバル人材育成のためのゲームとして開発されました。リリース当初はグローバル人材に求められる要件である、「既成概念に捉われず、チャレンジ精神を持ち続けること」の育成としての用途が多かったのですが、近年は「主体性」の開発での用途が増えています。VUCA(※)の環境下では、社員の成果は目にしたことのない「非定型業務」にいかに対処するかで決まります。そのため「指示されたことだけでなく、自ら考え行動することのできる人材」へのニーズが年々増しています。また、行動する際には自分と相手双方の利益を考えた働きかけが必要です。本ビジネスゲームでは、「自ら考えて働きかけ、チャレンジしなければ勝利できないこと」「与えられた枠に捉われると価値を創造できないこと」「相手の目線も踏まえた交渉をしないと、双方の利益が生まれないこと」の体感を通じて、「主体性」開発のお手伝いができればと思っています。
※Volatility(変動性・不安定さ)、Uncertainty(不確実性・不確定さ)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性・不明確さ)の頭文字を取った言葉

用途〜普段こんなことを思っている方におすすめです〜

  • 「自ら考え行動できる」主体性を
    持たせたい

  • 既成概念に捉われず、
    価値を創造する人を育てたい

  • Win-Winの交渉ができる人を
    育てたい

概要〜このゲームについておおまかにご説明します〜

ルールが曖昧な状況下で、創造的にルールを定義し、自分からそのルールに他者を巻き込む交渉を持ちかけます。働きかけなしにゲームに勝利することはできません。既成概念に捉われず新たなルールを発案し、自分から他者にWin-Winの交渉を持ちかけることを動的に行うこと通じて、「主体性」の必要性を大いに刺激できるビジネスゲームです。

学習ポイント〜このゲームで習得できる理解や認識など〜

  • 主体的な働きかけが利益を生むことの理解
  • 既成概念に捉われず、価値を創造することの重要性の理解
  • Win-Winな交渉の重要性の理解

特徴〜このゲームの特徴や仕組みなど〜

  • 曖昧なルール:ルールには、意図的に解釈多様性を残してあり、様々な創造ができる設計となっています。
  • 運ではなく実力優位:ほとんど運は勝利に貢献しません。与えられた枠組みを超えて主体的に働きかけた参加者が勝利できる仕組みになっています。
  • 動的なゲーム展開:ルール・参加者の状況は刻一刻と変化します。状況に動的・即興的・創造的に対応することで勝利できる設計になっています。
  • 個人戦:テーブルメンバー全員が敵という中で、時に協力しWin-Winの交渉を行うことで優位に立てます。
  • テーブル毎に異なるゲーム展開:テーブル毎に全く違うゲーム展開となります。その違いを共有することで、さらに創造力が刺激されます。

カリキュラム〜このような流れでゲームを進めます〜

  • 0:00
    オリエンテーション

    趣旨や研修の意味などを伝える。

  • 0:05
    講義

    講義を通じて、交渉の基礎的なフレームを理解します。

  • 2:10
    ルール説明

    ルール説明

    ルールを説明します。

    ルール共有

  • 2:40
    ゲーム実施

    第一期

    まずは、初期状態を固める第一期。

    第二期

    第二期は、探り合いです。

    第三期

    第三期から、ゴールを見据えた本格的な交渉が開始されます。

    第四期

    第四期は、時間との勝負です。
    勝利のためにどれだけ知略を尽くすかが結果に大きな影響を与えます。

  • 6:00
    振り返り

    振り返りシート

    振り返りシートを使い、気づいた点を書き出します。テーブル及びクラスで共有を行います。
    その上で、まとめの講義を行います。

  • 7:30
    終了

    研修を終了します。

スペック〜このゲームの仕様について〜

  • 参加可能人数

    参加可能人数

    4名〜25名

  • 所要時間

    所要時間

    4.5時間~7.5時間

  • 対象層

    対象層

    ALL

  • 運の要素の強弱

    運の要素の強弱

    やや弱い

  • ルール説明の難易度

    ルール説明の難易度

    やや難しい

関連リンク〜関連するゲームや開発秘話など〜

どんなことでもお気軽にお問い合わせください

〜資料請求や体験会のお申し込みなども受け付けております〜

  • 資料が欲しい

    まずは資料を見て検討したいという方は下記からダウンロードいただけます。

  • 詳しく知りたい

    詳しく話を聞いてみたい、などをご希望の方は下記よりお問い合わせください。

  • 体験してみたい

    このゲームを実際に体験してみたいという方は下記よりお申し込みください。

  • 導入について

    ゲームを導入した場合の実施までの流れなどを知りたいという方はこちら。

facebook