ビジネスゲーム研修で企業内人材育成の内製化を支援 | カレイドソリューションズ - フレームワーク暗記ツール「ザ・フレームワーカー」

お問い合わせはこちら

サービス

SERVICE

フレームワーク暗記ツール「ザ・フレームワーカー」

買取

開発背景 〜このゲームはこんな想いから作られました〜

「ザ・フレームワーカー」は、フレームワークの概念と用語を楽しく、効率的に暗記するゲーム研修です。職場におけるコミュニケーションにもはや欠かせないフレームワークを短時間で学べます。
当社が提供するロジカルシンキングの研修での参加者の言動や、顧客の問題意識を洞察すると、論理思考を通じた円滑なコミュニケーションにニーズがあることがわかりました。また、そのためには共通言語であるフレームワークの知識とその活用が不可欠であるにも関わらず、その学習には時間が割かれていない実態も明らかになりました。 多くのビジネスリーダーに求められるロジカルシンキングの多面的な視点や構造化スキルの習得・定着には、長い時間がかかります。一方、その中でもフレームワークの概念理解や暗記であれば初学者にも即効性があります。フレームワークを学ぶことで、ビジネス上でよく使われる共通言語が理解できるだけでなく、抽象・具象の往来ができたり、ヌケモレがないといった、論理思考を通じた円滑なコミュニケーションの基礎が作れます。多くの研修では、満足度と引き換えに暗記は敬遠されており、楽しく暗記ができる手法が求められていました。

用途 〜普段こんなことを思っている方におすすめです〜

  • 整理して話をできるようになってもらいたい

  • 基礎的なビジネスフレームワークは知っていてほしい

  • プレゼンや資料のヌケモレをなくしてほしい

  • 言われていなくても先回りしてほしい

概要〜このゲームについておおまかにご説明します〜

「ザ・フレームワーカー」は、フレームワークの学習を目的としたワークです。 参加者は、ワークをステップに分けて行うことで ①フレームワークの概念の理解 ②ビジネスフレームワークの知識習得 を目指します。

学習ポイント〜このゲームで習得できる理解や認識など〜

  • 物事の構造を知り、全体像を俯瞰する
  • 上位概念と下位概念を理解し、抽象・具体を往来する
  • 並列する概念を漏れなく導く
  • 筋道が通った話をする

特徴〜このゲームの特徴や仕組みなど〜

  • 要素のグルーピング、グループへのラベリング、フレームワークから要素を特定する3ステップで ビジネスフレームワークを覚えられる
  • 上位概念と下位概念を関連付ける習慣がつく
  • 並列概念を抜けもれなく発散する習慣がつく
  • ゲーム感覚で進むので飽きずに学べる
とっつきにくいフレームワークを楽しく記憶できる
知らなかったフレームワークを覚えられた。
ゲームなっているので、繰り返しフレームワークを覚えいていくのが楽しい。

カリキュラム〜このような流れでゲームを進めます〜

  • 0:20
    ステップ1「要素のグループ化を行う(グルーピング)」

    グルーピングを行います。

  • 0:40
    ステップ2「グループにラベルをつける(ラベリング)」

    グループにラベルをつけます。

  • 0:55
    ステップ3「フレームワークから要素を特定する」

    フレームワークから要素を特定します。

スペック〜このゲームの仕様について〜

  • 参加可能人数

    参加可能人数

    3名〜4名

  • 所要時間

    所要時間

    1時間

  • 対象層

    対象層

    ALL

  • 運の要素の強弱

    運の要素の強弱

    弱い

  • ルール説明の難易度

    ルール説明の難易度

    易しい

関連リンク〜関連するゲームや開発秘話など〜

ご注文は以下のリンクからお願いします
どんなことでもお気軽にお問い合わせください

〜資料請求や体験会のお申し込みなども受け付けております〜

  • 資料が欲しい

    まずは資料を見て検討したいという方は下記からダウンロードいただけます。

  • 詳しく知りたい

    詳しく話を聞いてみたい、などをご希望の方は下記よりお問い合わせください。

  • 体験してみたい

    このゲームを実際に体験してみたいという方は下記よりお申し込みください。

  • 導入について

    ゲームを導入した場合の実施までの流れなどを知りたいという方はこちら。