ビジネスゲーム研修で企業内人材育成の内製化を支援 | カレイドソリューションズ - 段取り力向上ツール「段取りチキン」

お問い合わせはこちら

サービス

SERVICE

仕事の段取り力向上ツール「段取りチキン」

開発背景 〜このゲームはこんな想いから作られました〜

働き方改革関連法が成立し、2019年4月より施行されます。仕事の成果は効率×時間数で決まります。人口減少社会に加えて、残業の規制が強まる環境ではこれまでと同じような総労働時間の確保は難しくなります。となると、成果を維持するために、仕事を効率よく進める方向への努力がこれまで以上に求められるようになるでしょう。 一方、世の中には、仕事のやり直しや修正、ゴールの握りの不足等を原因とした段取りの悪さによる非効率は溢れています。にもかかわらず、段取りは経験的に学ぶものと思われていて、指導する側も段取りに関する適切な言葉を持っていません。このため、指導がままならず、効率が上がらない環境があるのではないでしょうか。経験させる手段として、ケースを使って段取りの研修を行うとしても、長文のものでは、どれだけ時間があっても足らず、短時間で大量の事例学習を行う方法が求められていました。

用途 〜普段こんなことを思っている方におすすめです〜

  • 段取りの全体像を
    理解してもらいたい

  • 効率よく仕事をするコツを
    掴んでほしい

  • 組織の理不尽さへの
    理解を促したい

  • ストレスを溜めずに
    仕事をしてもらいたい

  • 「やってはいけない仕事の進め方」
    を知ってほしい

  • 「段取りの教え方」
    を学んでほしい

概要〜このゲームについておおまかにご説明します〜

「段取りチキン」は、段取りをテーマに、仕事を円滑に進めるポイントを学習するワークです。
チームで、段取りに関する問題を推理し、真相を特定する活動を繰り返すことで、
①段取りの良し悪しが仕事に与える影響
②段取りの構造とその各要素で気を付けるポイント
を大量の事例で学びます。

学習ポイント〜このゲームで習得できる理解や認識など〜

  • 段取りの概念を学ぶ
  • 優先順位付けの重要性を理解する
  • タスク管理の重要性を理解する
  • 他者との「握り」の重要性を理解する

特徴〜このゲームの特徴や仕組みなど〜

  • 事例に対して推理することで頭をひねる
  • 個人戦ではなく、チームで協力するため、楽しみながら気軽に推理に挑戦できる
  • ゲームそのものに段取りが求められる
  • 事例が段取りの知識項目と対応し、必要な要素を網羅
  • 生々しい実事例も盛り込み、リアリティのある内容に

カリキュラム〜このような流れでゲームを進めます〜

  • 0:10
    練習
    ルールを説明し、サンプルで練習します。

  • 0:60
    ゲーム開始
    質問を繰り返し、真相の特定を目指します

  • 0:15
    振返り
    ゲームを振返ります。

スペック〜このゲームの仕様について〜

  • 参加可能人数

    参加可能人数

    3名〜4名

  • 所要時間

    所要時間

    1時間

  • 対象層

    対象層

    ALL

  • 運の要素の強弱

    運の要素の強弱

    弱い

  • ルール説明の難易度

    ルール説明の難易度

    易しい

ご注文は以下のリンクからお願いします
corec
どんなことでもお気軽にお問い合わせください

〜資料請求や体験会のお申し込みなども受け付けております〜

  • 詳しく知りたい

    詳しく話を聞いてみたい、などをご希望の方は下記よりお問い合わせください。

  • 体験してみたい

    このゲームを実際に体験してみたいという方は下記よりお申し込みください。

  • 導入について

    ゲームを導入した場合の実施までの流れなどを知りたいという方はこちら。