ビジネスゲーム研修で企業内人材育成の内製化を支援 | カレイドソリューションズ - 評定誤差解消ツール「IT’S TOO RATE」

お問い合わせはこちら

サービス

SERVICE

評定誤差解消ツール「IT’S TOO RATE」

開発背景 〜このゲームはこんな想いから作られました〜

人事考課への不満は会社員の4割に上るという調査があります。また、人事の抱える問題意識として、管理職の評価の目線のズレによる総額人件費の増大は人事の永遠の課題とされてきました。本コンテンツは、管理職の評価の目線をそろえることで、人事の問題と従業員の人事考課への不満を同時に解決することを目指すものです。評定誤差は、総額人件費に大きな影響を及ぼすため、人事の永遠の課題と言われ、人事部門は長年この軽減のために考課者研修を行ってきました。人間が判断する以上、主観が入ることは避けられません。ただ、考課者研修では、管理職間で評価を即時に共有し、その内容にすぐにフィードバックすることは十分にできていませんでした。「IT’S TOO RATE」では、ゲームの仕組みを活用し、同じ部下を同時に複数名で評価し、相互フィードバックを繰り返すことで、短時間で効率よく、他者の評価の目線のズレや、自身の評価の歪み(バイアス)に気づけます。反復するほど、他の参加者とズレが軽減されることが確認されています。

用途〜普段こんなことを思っている方におすすめです〜

  • 管理職の評価のずれを
    解消したい

  • 評価バイアスがあることを
    認識させたい

  • 主観を廃し、
    事実ベースの人事考課を実現したい

  • 目標設定と行動観察記録が
    重要と認識させたい

概要〜このゲームについておおまかにご説明します〜

「IT’S TOO RATE」は人事考課などで他者を評価するとき他者の評価の目線のズレや評価のバイアス(ズレや歪み)を実感するワークです。自分や他者が評価する目線を知ることは、評価者/被評価者にかかわらず重要です。本ゲームでは、評価するときにかかるバイアスを実感しながら、ズレのない評価を目指します。バイアスを意識しながら他者を評価する目線を学べます。

学習ポイント〜このゲームで習得できる理解や認識など〜

自分と他者の評価のズレを実感し、評価を行うための考え方が身に付きます

  • 自分の評価の癖が分かる
  • 他者が評価を行う際のポイントが分かる

特徴〜このゲームの特徴や仕組みなど〜

  • 評価を繰り返すごとにズレが軽減され、他の参加者と評価の目線が揃う
  • 即時フィードバックによりズレとその理由が即座にわかる
  • 部下の人物像・目標・行動から1000通り以上の豊富なバリエーションで評価の訓練ができる

カリキュラム〜このような流れでゲームを進めます〜

  • 0:10
    セクション1「部下の人物像を作る」

    人物像を設定する

    人物をイメージする

    イラストを書く

  • 0:40
    セクション2「行動観察・評価する」

    行動観察結果を確認する

    目標を思い出す

    評価を発表する

    総合的に評価する

  • 0:50
    セクション3「振り返り」

スペック〜このゲームの仕様について〜

  • 参加可能人数

    参加可能人数

    3名〜4名

  • 所要時間

    所要時間

    1時間

  • 対象層

    対象層

    ALL

  • 運の要素の強弱

    運の要素の強弱

    なし

  • ルール説明の難易度

    ルール説明の難易度

    易しい

どんなことでもお気軽にお問い合わせください

〜資料請求や体験会のお申し込みなども受け付けております〜

  • 詳しく知りたい

    詳しく話を聞いてみたい、などをご希望の方は下記よりお問い合わせください。

  • 導入について

    ゲームを導入した場合の実施までの流れなどを知りたいという方はこちら。