ビジネスゲーム研修で企業内人材育成の内製化を支援 | カレイドソリューションズ - 組織市民行動ゲーム「成果の達人」

お問い合わせはこちら

サービス

SERVICE

組織市民行動ゲーム「成果の達人」

開発背景〜このゲームはこんな想いから作られました〜

本ゲームは、成果行動と組織市民行動(OCB:Organizational Citizenship Behavior)のバランス感覚を学ぶビジネスゲームです。組織市民行動とは、「他者や組織を支援することで、組織の長期的な利益に貢献する個人の行動」です。労働政策研究・研修機構(2006)の調査によると、昨今の日本の職場では、多忙化が進み,短期的な成果の出にくい仕事に取り組まなくなっています。このため、職場における組織市民行動は徐々に減少しています。しかし、組織市民行動は従業員及び組織全体へのポジティブな効果を持つとする研究結果(田中 2012)もあり、組織市民行動の重要性が再検討されています。
同僚を手伝ったり、すすんで仕事を引き受けたりするなどに代表される組織市民行動を、成果主義の浸透した職場で誰がどの程度行うべきかは、答えのない問題として議論され続けてきています。本ゲームでは、成果行動と組織市民行動をどのようなバランスで行うべきなのかを、ゲームを通じて学びます。

先行して実施した研究では、本ビジネスゲームによって、組織市民行動における対人援助・誠実さ・組織支援行動などの指標が、統計的に有意に効果があることが確認されました。

概要〜このゲームについておおまかにご説明します〜

本ゲームは、テーブル内で完結する3~4名用のゲームです。受講者は業績が低迷している架空の会社の営業職として、カードに記載された成果行動をとるのか組織市民行動をとるのかを決定します。受講者の目的は、個人の目標達成と組織の目標達成の双方を満たすことです。本ゲームにおいて組織の目標を達成するためには、テーブル内で成果行動と組織市民行動のバランスを取る必要がありますが、個人として勝利するためには、成果行動のみが必要となります。このジレンマを体験し振り返ることで、受講生は現実の組織における自身の行動を検討することが可能になります。

学習ポイント〜このゲームで習得できる理解や認識など〜

  • 成果行動と組織市民行動のバランスを取る経験を通じて、組織市民行動が組織の利益に貢献していることを理解する
  • 組織は成果行動と組織市民行動の片方だけでは存在しえず、両者のバランスが重要であることを理解する
  • 職場の状況をみて、求められる行動をとる重要性を理解する

特徴〜このゲームの特徴や仕組みなど〜

  • 協力と競争が共存する現実の組織の状況を体験できる
  • 目先の短期的成果偏重を是正できる設計になっている
  • ゲームよりも振り返りのディスカッションで学びが深まる設計になっている
  • 短時間/少人数でも実施できる
※研究者との共同制作・実験を踏まえた効果の裏付けがある

用途〜普段こんなことを思っている方におすすめです〜

  • 職場での助け合いを復活させたい

  • 組織に貢献する「可愛がられる」新人を育てたい

  • マネージャーに短期成果だけでなく長期成果も意識したマネジメントを体感させたい

カリキュラム〜このような流れでゲームを進めます〜

  • 0:00
    オリエンテーション

    ゲーム研修になれていない場合はしっかりと

  • 0:10
    ルール説明

    練習ラウンドとあわせて理解させる

  • 0:20
    練習ラウンド

    1度通して練習する

  • 0:35
    第1ラウンド

    通常ルールで実施する

  • 0:45
    ディスカッション&振り返り

    戦略だけでなく、職場の話も出るように工夫する

  • 0:55
    休憩
  • 1:00
    第2ラウンド

    別ルール1で実施する

  • 1:10
    ディスカッション&振り返り

    戦略だけでなく、職場の話も出るように工夫する

  • 1:20
    第3ラウンド

    別ルール2で実施する

  • 1:30
    ディスカッション&振り返り

    戦略だけでなく、職場の話も出るように工夫する

  • 1:40
    結果発表
  • 1:50
    講義
  • 1:55
    ワーク:職場を考える
  • 2:05
    アクションプランシート
  • 2:15
    総括

スペック〜このゲームの仕様について〜

  • 参加可能人数

    参加可能人数

    4名〜28名

  • 所要時間

    所要時間

    3時間~4.5時間

  • 対象層

    対象層

    若手

  • 運の要素の強弱

    運の要素の強弱

    普通

  • ルール説明の難易度

    ルール説明の難易度

    易しい

実績〜これまでの導入実績や、対象となる企業様〜

  • 大手製薬会社(新入社員)
  • 大手化学メーカー(管理職)
  • 大手銀行(若手リーダー)
  • 大手製薬労働組合(組合員)
  • 音楽会社(新入社員)
  • 建設設備会社(3~5年目社員)
  • 外資系医薬品会社(部門単位)
  • 携帯ショップ運営会社(店舗単位)

関連リンク〜関連するゲームや開発秘話など〜

どんなことでもお気軽にお問い合わせください

〜資料請求や体験会のお申し込みなども受け付けております〜

  • 資料が欲しい

    まずは資料を見て検討したいという方は下記からダウンロードいただけます。

  • 詳しく知りたい

    詳しく話を聞いてみたい、などをご希望の方は下記よりお問い合わせください。

  • 体験してみたい

    このゲームを実際に体験してみたいという方は下記よりお申し込みください。

  • 導入について

    ゲームを導入した場合の実施までの流れなどを知りたいという方はこちら。

facebook