ビジネスゲーム研修で企業内人材育成の内製化を支援 | カレイドソリューションズ - 情報補完ツール「ザ・ラックファインダー」

お問い合わせはこちら

サービス

SERVICE

情報補完ツール「ザ・ラックファインダー」

買取

開発背景 〜このゲームはこんな想いから作られました〜

ラックファインダー 「ザ・ラックファインダー」は、情報の不足の発見・補完を訓練するためのビジネスゲーム研修です。ビジネスの現場でのフレームワークの知識の応用に役立ちます。
ロジカルシンキングの研修で「モレなくダブりなく」を意味するMECEという言葉を耳にします。ビジネスパーソンが複雑で大きな課題を構造化する上で、重要な概念でしょう。しかし、目にしたものの中に「ダブり」があるのに比べ、「モレ」は目にしたものの中にないため、発見が難しいものです。ビジネスフレームワークを知っていれば発見できると思うかもしれませんが、ビジネスフレームワークを知っているだけでは不十分です。目の前で起きた出来事を自分の頭で概念化し、仕事をする上で意味があるように範囲を定め、範囲内を切り分けて見たときにモレに気づくことができます。「ザ・ラックファインダー」は「モレ=不足」にスポットライトを当て、その発見・補完の反復訓練をすることで、不足情報の発見・補完ができるようになることを目指し開発されました。

用途 〜普段こんなことを思っている方におすすめです〜

  • 情報の抜け漏れを
    発見できるようになりたい

  • 水平思考を
    養いたい

  • 不足する情報に気づき、
    補う行動ができる人材を増やしたい

  • フレームワークを活用できるようになりたい

概要〜このゲームについておおまかにご説明します〜

「ザ・ラックファインダー」は、情報の補完を扱う学習ツールです。
日常的な会話から、情報の不足を発見・補完する活動を繰り返すことで、
他者と仕事をするときに、判断に必要な情報の不足に気づき、
自ら不足を補えるようになることを目指します。
また、事例を概念化する活動を通して、フレームワークの活用イメージも持つことができます。

学習ポイント〜このゲームで習得できる理解や認識など〜

  • 他者から指示や提案を受けたとき、足りない情報があることに気づける
  • 与えられた情報を整理し、不足した情報を特定できる
  • フレームワークを活用した思考ができる

特徴〜このゲームの特徴や仕組みなど〜

  • カードを使用し、大量の事例で効率よく反復が可能
  • 基本セットと拡張セットに分けられており、難易度や時間の柔軟なアレンジが可能
  • 「ザ・フレームワーカー」との連動性もあり、2コンテンツを組み合わせるとより学びが深まる設計
  • ゲーム感覚で進むので飽きずに学べる
知識として覚えていたフレームワークが、現場の業務で知恵として使えるようになる。
カードの事例が自分の予想しないものばかりで、ゲームをプレイして、認知の範囲が広がった。
業務の全体像からタスクを切る感覚が身につくので、抜け漏れが無くなりそう。

スペック〜このゲームの仕様について〜

  • 参加可能人数

    参加可能人数

    3名〜4名

  • 所要時間

    所要時間

    1時間

  • 対象層

    対象層

    ALL

  • 運の要素の強弱

    運の要素の強弱

    弱い

  • ルール説明の難易度

    ルール説明の難易度

    易しい

関連リンク〜関連するゲームや開発秘話など〜

ご注文は以下のリンクからお願いします
どんなことでもお気軽にお問い合わせください

〜資料請求や体験会のお申し込みなども受け付けております〜

  • 詳しく知りたい

    詳しく話を聞いてみたい、などをご希望の方は下記よりお問い合わせください。

  • 体験してみたい

    このゲームを実際に体験してみたいという方は下記よりお申し込みください。

  • 導入について

    ゲームを導入した場合の実施までの流れなどを知りたいという方はこちら。