ビジネスゲーム研修で企業内人材育成の内製化を支援 | カレイドソリューションズ - 価値発見ツール「かちかち山」

お問い合わせはこちら

サービス

SERVICE

価値発見ツール「かちかち山」

開発背景 〜このゲームはこんな想いから作られました〜

「この商品が提供している価値は何か?」に即答できる人はなかなかいません。それどころか、価値観を3つ挙げることすらままならないのが実態です。「価値」という概念が不明確なためです。概念が不明確なものは言語化しにくいですが、分類されていれば比較することはできます。これを実現するために、価値の要素を分類してカード化しました。 議論するお題を決め、カードを「できている/できていない」に分類することで、提供できている/したい価値が見える化し、魅力が明確になります。更に、価値を発見するだけでなく、その価値を満たしたり強めたりするための具体的行動を考えたりできます。 また、個々人で捉え方が違っていたりすることがある価値観をすり合わせられます。

用途〜普段こんなことを思っている方におすすめです〜

  • 自分たちがどんな価値を
    提供しているのか整理したい

  • 価値観のすれ違いを
    解消したい

  • 自分が会社の中でどんな価値を
    提供できているのか確認したい

  • 新規事業でどんな価値を
    提供するのかブレストしたい

概要〜このゲームについておおまかにご説明します〜

1名から4名程度で実施します。まずお題を決め、たぬき、うさぎの描かれている価値カードを使用します。用途は2つあり、1つ目は自分たちが相手方にどんな価値を提供しているのか(うさぎ)、2つ目は自分たちがどんな価値観を持っているのか(たぬき)を検討していき、価値や価値観を強化・改善する方法を決定します。

学習ポイント〜このゲームで習得できる理解や認識など〜

  • 自社の製品やサービスが提供している価値を検討できる
  • 価値を強めたり改善したりする具体的行動を検討できる
  • 会社や部署の価値観を整理でき、ずれを解消できる

特徴〜このゲームの特徴や仕組みなど〜

  • 2つのワークで提供価値と価値観を学べる
  • 理解しにくい価値に関する内容を1時間で学べる簡単ルール
  • 10を超える様々なお題を検討でき、幅広い用途に活用可能

カリキュラム〜例1〜

  • 0:05
    ワーク1:提供価値の検討

    準備

  • 0:35

    ステップ1:合意

  • 0:40

    ステップ2:絞り込み

  • 0:60

    ステップ3:強化・改善

カリキュラム〜例2〜

  • 0:05
    ワーク2:価値観の検討

    準備

  • 0:15

    ステップ1:初期分類

  • 0:30

    ステップ2:再配置

  • 0:60

    ステップ3:絞り込みと価値観(バリュー)の決定

スペック〜このゲームの仕様について〜

  • 参加可能人数

    参加可能人数

    1名〜4名

  • 所要時間

    所要時間

    1時間

  • 対象層

    対象層

    ALL

  • 運の要素の強弱

    運の要素の強弱

    なし

  • ルール説明の難易度

    ルール説明の難易度

    易しい

関連リンク〜関連するゲームや開発秘話など〜

ご注文は以下のリンクからお願いします
corec
どんなことでもお気軽にお問い合わせください

〜資料請求や体験会のお申し込みなども受け付けております〜

  • 詳しく知りたい

    詳しく話を聞いてみたい、などをご希望の方は下記よりお問い合わせください。

  • 体験してみたい

    このゲームを実際に体験してみたいという方は下記よりお申し込みください。

  • 導入について

    ゲームを導入した場合の実施までの流れなどを知りたいという方はこちら。