ビジネスゲーム研修で企業内人材育成の内製化を支援 | カレイドソリューションズ - 倒産体験ゲーム 「あかんたぶる」

お問い合わせはこちら

サービス

SERVICE

倒産体験ゲーム 「あかんたぶる」

開発背景〜このゲームはこんな想いから作られました〜

マネジメント能力の一つである「説明責任」が問われる時代になっています。特に昨今は社員を「経営人材」として育てたいという企業ニーズがあります。
ビジネスゲーム研修が得意とする、意思決定と行動のつながり、経営者として当たり前の損益の感覚や販管費の重さ、会社経営を行う上でのバランス感覚。
そうしたものを学習できるマネジメントゲームを開発しました。

概要〜このゲームについておおまかにご説明します〜

「ループもの」という言葉をご存じでしょうか。映画や漫画や小説などで人気ですが、同じことが何度も繰り返される中で、少しずつやり方を変えてゴールを 目指すものです。通常のゲームと異なり、「勝者」は存在しません。本経営シミュレーションは、小規模企業を舞台とした会社経営のループものです。3年間( 12四半期)会社を存続させ、かつ利益の最大化を目指します。1度目は僅か1年の会社存続すらままなりません。

 ● 開発しないとニーズが満たせないが開発には受注が取れる人材の時間を使ってしまう
 ● 有能な人材でないと受注できないが研修するほど時間も資金も余裕が無い
 ● 営業先が増えないがマーケティングに回す人員がいない
 ● 採用市場には、有能な人材が中々いないが採用しないと手数が足りない

等、ジレンマの中で、ヒト・カネ・信用・知名度がない4ナイの状態からの脱却を目指します。会社存続の危機を乗り越えられず、経営初心者はなすすべもな く倒産します。
参加者は倒産の果てしないループの中で、絶えず試行錯誤し打ち手を変え続けます。生き残ることさえ難しい中で、利益を出すことはできるのでしょうか。

学習ポイント〜このゲームで習得できる理解や認識など〜

  • 会社経営(資金繰り・損益・価値連鎖等)のシステムの理解を通じた「社長の視座」の獲得
  • 経営活動に伴う販管費の重さの認識
  • 経営成果を自分の言葉で説明する(アカンタビリティ)の理解

特徴〜このゲームの特徴や仕組みなど〜

  • 倒産を繰り返す「ループもの」なので、悔しさを味わいながら、様々な打ち手をシミュレーションできる※初回はほぼ間違いなく倒産する
  • 原価の概念が少ない研修会社がモデルなので、多くの社員が関わる販管費部分にフォーカスできる
  • 1テーブルで完結する勝ち負けのない協力ゲーム型なので、少人数で実施可能(1名でも実施可)
  • 意思決定の理由を説明する仕掛けがあり、短期・中期のビッグピクチャーの中で、戦略・戦術を動的に変更しなければならない

用途〜普段こんなことを思っている方におすすめです〜

  • 新任管理者に経営のバランス感覚を身につけさせたい

  • 新人に社長の視座を持たせたい

  • 人件費の重さを意識させたい

  • 仕事では、自分の行為の理由を説明する責任があることを理解させたい

短時間に自分がこんなに何度も会社を潰すとは思わなかった。悔しい、成長したい。
問題と思う部分を潰せばまた次の問題がでてきて・・・利益を出すことは難しい。
一回目は、採用が重要と思ったが、二度目はマーケティングが重要と感じ、三度目は借入が大事だと感じた。最後までクリアできなかったことが悔しい。今後はもっと社長のやっていることを見ながら勉強したい。
会社がどうして採用や人材育成をやっているのかが初めて腑に落ちた。
初めはルールが難しいと感じたが、あっという間にのめり込んでしまった。
自分ではこうやりたいと思っても、チームメンバーを説得するには、論理的に説明しなければならなかった。根拠を持った判断ができていない。
なんとか会社の存続はできたが、利益は出せなかった。限られた時間の中で成果を出すためにはリスクを取ることも重要だと感じた。

スペック〜このゲームの仕様について〜

  • 参加可能人数

    参加可能人数

    1名〜25名

  • 所要時間

    所要時間

    4.5時間~7.5時間

  • 対象層

    対象層

    新人-管理者

  • 運の要素の強弱

    運の要素の強弱

    やや弱い

  • ルール説明の難易度

    ルール説明の難易度

    標準

実績〜これまでの導入実績や、対象となる企業様〜

  • 一部上場子会社物流
  • 大手広告
  • 大手化学メーカー
  • 化粧品

満足度100%!高い評価を頂いています!

グラフ

化粧品メーカー 体験会 あかんたぶる
5月実施分アンケート集計結果 16名を対象に実施(2015年)

関連リンク〜関連するゲームや開発秘話など〜

どんなことでもお気軽にお問い合わせください

〜資料請求や体験会のお申し込みなども受け付けております〜

  • 資料が欲しい

    まずは資料を見て検討したいという方は下記からダウンロードいただけます。

  • 詳しく知りたい

    詳しく話を聞いてみたい、などをご希望の方は下記よりお問い合わせください。

  • 体験してみたい

    このゲームを実際に体験してみたいという方は下記よりお申し込みください。

  • 導入について

    ゲームを導入した場合の実施までの流れなどを知りたいという方はこちら。

facebook