HOME
研修内製化支援事業
エコーズ

研修内製化支援事業

受注産業を舞台にQCDバランスを学ぶ 「エコーズ」

エコーズの開発背景

eco02.jpg

仕入と製造を行った後で販売活動を行うメーカー型の計画生産の研修ゲームのサービスは豊富に存在します。ところが、建設やSIerなどの受注産業を扱う研修ゲームはほとんどありませんでした。これらの業界でもゲーム学習のニーズが高まっている反面、サービスが存在しないために計画生産のゲームをやむなく実施していることの不満を多く耳にします。この不満を解消し、ニーズに応えるべく、受注産業の代表的業種であるSIerを舞台とした研修ゲームを開発しました。

また、受注産業の業界では答えのない問題に一定の解を導くことが若手にも求められ、就業初期に必ず直面する代表的なジレンマである「QCD(品質・費用・納期)」をゲームに取り込み、プロジェクトマネジメントの基礎が学べるように設計しました。

エコーズの概要

本ゲームでは、グループで会社経営を行い、競合とゲーム終了時点の利益額を競うグループ対抗の経営シミュレーションです。各参加者はそれぞれ4つの役割を担当し、自部門の情報収集と意思決定を行います。品質と費用と納期のバランスを考え、利益は生み出します。また、分散された情報を収集することでゲームルールの全容が分かるようになっており、参加者が積極的に情報収集・整理・共有を行なうことで正しい意思決定ができるようになります。また、ゲーム中の活動結果が「イベント」で「こだま(echo)」のように返ってきます。例えば、「過剰品質」によって顧客の要求水準があがる、仕様違いで売上が得られない、過重労働で社員が倒れる・・・など、様々なイベントは参加者に学びを促します。

エコーズの学びのポイント

  • 受注産業の会社の全体像を理解する
  • 会社経営の体験を通じて、計数感覚を身に着ける
  • プロジェクトマネジメント上での重要なポイントを理解する
    (QCDバランスやPMBOKの知識領域の一部)
  • チームワークを体験する
  • 情報の収集・整理・発信の重要性を理解する

エコーズの特徴

  • 損益に特化し、貸借対照表やキャッシュなどの概念がなく、初学者にも抵抗がない
  • ジグソーメソッドを活用し、傍観者がでないように情報を分散させている
  • 行為の結果が数々のイベントで自分に返ってくる
  • 経営シミュレーションとしては短時間
  • ゲームボードを使わず、カードだけで実施できる
  • ※受注産業版以外に「製造業」版もご用意可能です。

エコーズの用途

  • 損益の意識を持たせたい
  • 会社経営の全体像を理解させたい
  • 品質や納期の意識を持たせたい
  • チーム活動を体験させたい
  • プロジェクトマネジメントの基本を理解させたい

カリキュラム(例)

                                                                                                        
開始 終了 大項目 小項目 詳細
0:00 1:00 オリエン
テーション
社名の決定 社名を決定します。
ルール説明 ルールを説明します。役割ごとのルールは役割ごとに自分で収集します。
役割の決定 担当する役割を決定します。役割によって情報が異なります。
理念の決定 制約を踏まえて、理念を考えます。
1:00 1:15 練習ゲーム   カードを使い手の動かし方を学びます。
1:15 1:40 第一期 受注 営業担当がプロジェクトを受注します。
プロジェクト
マネジメント
それ以外の担当がプロジェクトマネジメントを行います。
損益計算 損益を計算します。
イベント 経営状態によって悪いイベントが発生します。
1:40 2:00 第二期 受注  
プロジェクト
マネジメント
 
損益計算  
イベント  
2:00 2:15 第三期 受注  
プロジェクト
マネジメント
 
損益計算  
イベント  
2:15 2:20 ゲーム終了 結果発表 全てのイベントを踏まえて、結果が発表されます。
2:20 2:35 振り返り   振り返りを行い、気づきを最大化し、講師が一部解説を行います。

スペック

  • 実施時間:3時間程度(講義・振り返り含む)
  • 参加人数:3名~25名(推奨)
  • 提供形態:レンタル(回数/期間)
  • 必要設備:プロジェクター/スクリーン/PC

本ゲームの内容物

  • 講義・ルール説明・振り返りスライドデータ
  • ワークシートデータ
  • 会場運営用グッズ
  • カード一式
  • ボード一式
お問い合わせ
受講者の声