ビジネスゲーム研修で企業内人材育成の内製化を支援 | カレイドソリューションズ - コンセンサスゲーム「the Moon」「開拓1607」

お問い合わせはこちら

サービス

SERVICE

コンセンサスゲーム「the Moon」「開拓1607」

オンラインのみ

開発背景 〜このゲームはこんな想いから作られました〜

【オンライン限定】NASAが開発した定番のコンセンサス実習をオンライン化したものです。生き残りのために重要だと考えるアイテム15種が提示され、個人でアイテム15種に順位をつけ、数名のチームで話し合いながら合意形成しながら進めます。
「月面」を舞台とした「the Moon」と、1607年に「米国のジェームズタウン」で起きた厳しい生存環境にした「開拓1607」の2種があり、連作になっています。

用途 〜普段こんなことを思っている方におすすめです〜

  • 合意ではなく同意ばかりのコミュニケーションになっている

  • 話し合っているがわかだまりを抱えた合意になっている

  • 自分の意見が正しいという主張ばかりで議論にならない

  • 話し合いで全員が納得できる方法を学ばせたい

概要〜このゲームについておおまかにご説明します〜

「the Moon・開拓1607」は、コンセンサススキルを身につけることを目的としたワークです。 チームメンバーが各々、用意されたアイテムに対して生き残りのために重要だと考える順番をつけ、最後に、チーム全員で合意を形成します。 コミュニケーションスキルの一つである「コンセンサス」 を身につけられます。

学習ポイント〜このゲームで習得できる理解や認識など〜

  • 同意と合意の違いを理解する
  • 自分の意見を発信することの重要性を理解する
  • 他者の意見を傾聴することの重要性を理解する
  • 話し合いの結果、理解が深まり、納得が得られることを確認する

特徴〜このゲームの特徴や仕組みなど〜

  • 定番かつ歴史ある一方でオンラインで実施しにくかったコンテンツがオンラインで実施できる
  • 議論する場を作ることで参加者間のコミュニケーションを促進できる
  • ゲーム感覚で進むので飽きずに学べる


スペック〜このゲームの仕様について〜

  • 参加可能人数

    参加可能人数

    3名〜4名

  • 所要時間

    所要時間

    1時間

  • 対象層

    対象層

    ALL

  • 運の要素の強弱

    運の要素の強弱

    弱い

  • ルール説明の難易度

    ルール説明の難易度

    易しい

  • オンライン

    オンライン

    オンラインのみ

カリキュラム〜このような流れでゲームを進めます〜

  • 0:15
    オリエンテーション

    研修の趣旨や意味などを伝えます。

  • 0:30
    概念説明

    コンセンサスの考え方や進め方を解説します。

  • 0:30
    ステップ1

    個人で15のアイテムに順位を付けます。その際、その順位にした理由も検討します。

  • 1:00
    ステップ2

    話し合って、グループとしての見解を導き、システムに入力します。

  • 1:30
    振り返り

    専門家の見解の確認

    自分たちの回答と専門家2名の回答を照合します。

    ディスカッション

    自分たちの職場や顧客とのやり取りで、どのような点に気をつけるべきかを話し合います。

    ラップアップ

    ファシリテーターからコメントを伝えます。

話し合うことで自分の思ってもいない意見が聞けた。
全員の意見を取り入れたら自分の意見よりも少し良い結果になることが分かった。
いつも黙って誰かの意見に迎合していたが、ゲームで自分の意見を言わざるを得ず、出してみたらよい結果になった。
どんなことでもお気軽にお問い合わせください

〜資料請求やセミナーのお申し込みなども受け付けております〜

  • 詳しく知りたい

    詳しく話を聞いてみたい方は下記よりお問い合わせください。

  • セミナーを探す

    この研修のセミナーがあるかを知りたい方は下記でお探しください。

  • 導入について

    導入した場合の実施までの流れなどを知りたいという方はこちら。