ビジネスゲーム研修で企業内人材育成の内製化を支援 | カレイドソリューションズ - 「べからず」の方が伝わる-かちかち山(11)-

お問い合わせはこちら

代表コラム

COLUMN

「べからず」の方が伝わる-かちかち山(11)-

ビジネスゲームで使用する価値カードの中身

規範の表記の仕方には2種類ある。「すべき」と「すべきでない」である。これまで様々な研修や自社での部下指導の経験を踏まえて思うことは、「すべき」には「すべきでない」が含意され、「すべきでない」には「すべき」が含意されているのだが、含意は見落とされやすい。例えば、「始業時間には業務を始められる状態になっているべきだ。」には「始業時間に遅れてはならない」が含意されているが、前者のみを語ると思考しなければ後者が現れないため、弱い言葉になってしまう。なので、罰を伴うことは「すべきでない」の形で表現したほうが伝わりやすい。

本コラムは、「かちかち山」デザイナーズノート-補-からの抜粋です。

続きはこちら

価値発見ツール「かちかち山」

人気のコラムBEST5

カテゴリー別

年別アーカイブ