ビジネスゲーム研修で企業内人材育成の内製化を支援 | カレイドソリューションズ - 当社のバリューを噛み砕いてみる

お問い合わせはこちら

代表コラム

COLUMN

当社のバリューを噛み砕いてみる

当社を長くご存じの方はご存知かもしれませんが、当社には3つのバリューがあります。
バリュー(value)とは、大切にすることで最終的に価値につながる考え・行動のことです。

Creative/Innovative/Fun
の3つが当社のバリューで、少し細かく書くと、
①CREATIVE(まず出力してみよう)
②INNOVATIVE(実行しよう)
③FUN(楽しもう)
ということです。

こう書くと難しそうですが、実は言葉は難しいけど誰にでもできるものだと思っています。
当社のメンバーを交えて行った会議での資料から一部を抜粋してご紹介します。
当社のバリューには、聞きなれた言葉が多いですが、意味が明確でないものもあると思うので、言葉を定義します。

■クリエイティブ
フランツ・ヨハンソンは、「メディチインパクト」という書籍にて、
クリエイティブなアイデアとイノベーションを以下のように分けています。
・クリエイティブなアイデアとは
 ・新しい
 ・価値ある(新しくてもゴミには意味はない)
・イノベーティブなアイデアとは
 ・実現される(価値があるだけでなく実行されるもの)

■イノベーティブ
クレイトン・クリステンセンは、「イノベーションのジレンマ」でイノベーションの種類を以下のように分けています。
・プロダクトイノベーション(独創的・先進的製品やサービスを生み出す)
・プロセスイノベーション(やり方を変えてコスト削減や品質を向上する)
・漸進的イノベーション(徐々に製品・サービスを改善する)
・革新的イノベーション(急激に大きく製品・サービスを変革させる)
・持続的イノベーション(既存顧客が求める性能や機能の向上させる)
・破壊的イノベーション(既存顧客が求めず性能や機能を必ずしも上げない)

■ファン
また、fun(楽しさ)とは、英英辞典から以下のように定義しています。
・吸収する・モノにすることによって生じる本質がわかること(知ることではない)
 ※騒々しさ・活動による興奮・冗談などによって生じるものは含まない

■まとめ
これらを総合すると、当社のバリューとは要するに・・・
・どんな種類のイノベーションでも
・「新しい」と思えることを考えて、
・実際にやってみて、
・そこから何か学び取ろうよ
ということです。

当社は、まさにこれを体現しながら徐々に大きくなってきました。
なので、弊社が迎えるメンバーには、このスタンスを期待します。
同時に、このバリューと関連するものに「経営理念」があります。
会社には、事業領域やなしたいことがあります。
そこを守った上でのバリューであることはいうまでもありません。
いうまでもないと書きましたが、2015年はコンプライアンスの問題が多く取沙汰された年でした。
バリューを守ってさえいれば、法から逸脱してもよいという考えの人もいるようです。
あくまでも法や倫理規範や会社のルールを守りながらの工夫によるバリューの体現でなくては意味がありません。
組織が大きくなるプロセスでは、
やはり経営理念とバリューから物事をきちんと考えられるメンバー育成が重要になります。

最近は当社も人が増えつつあり、こうした部分の徹底が求められてきています。
まだまだこの分野については経験の浅いところではありますが、きちんと伝わる伝え方で伝えていければと思っています。
ついでに、関連リンクに2008年に書いた「弊社の経営理念について」を貼っておきました。
拙い文章ですが、当時のことが分かります。

「弊社の経営理念について」

人気のコラムBEST5

カテゴリー別

年別アーカイブ