ビジネスゲーム研修で企業内人材育成の内製化を支援 | カレイドソリューションズ - アサーションゲームのテストプレイヤーを募集します!(第1回) | ビジネスゲーム研修で企業内人材育成を内製化 | カレイドソリューションズ

お問い合わせはこちら


ニュース

NEWS

アサーションゲームのテストプレイヤーを募集します!(第1回)

第1回アサーションゲームのテストプレイヤーを募集します!

「上司に焼肉に誘われたけど焼肉が好きではない」
という場面で困ったことはないでしょうか。・・・断るのは気まずいですよね。ただ、これをばっさり断ってしまっては心証がよくないですし、好きでもない焼肉を我慢して食べるのも嫌だ。これをどううまく切り抜けるのか。
そんな時の答えになるのが「アサーション」という考え方です。
コミュニケーションスキルの1つなのですが、
・相手を配慮しつつも、自分の気持ちを相手に伝える
というwin-winのコミュニケーションの考え方です。
弊社では、これを例の如く無謀にもゲームにしてしまいました。
先般、「自己主張ができない」社員が「反復訓練」を通じてwin-winな表現方法を獲得する目的で某企業に導入させていただいたのですが、今回はそれを少しカスタマイズして、パッケージ化に資するものかどうかの検証のためのテストを行います。
内容的には、はじめに書いたような「上司に焼肉に誘われたけど焼肉が好きではない」というシチュエーションの書かれたカードがあります。これをどううまく切り抜けるのか。そんなことをグループでわいわい言いながら行なうカードゲームです。
テストの検証ポイントとしては、特に、「経過時間」や「評価する際の傾向」などを確認しつつ、新しく追加した要素が機能するのかなどの検証となります。
これまでのテストや企業内実践では、
「次がどんなカードかワクワクした」
「感覚の違いが点数という形ででるのが面白かった」
などの反応が得られています。
土曜日の夜の開催で恐縮ですが、
「興味がある!」という方は是非お申込みください。
ページ下部のお問合せもしくは、cskaleidosolutions.com にご連絡を頂ければ幸いです。
【注】アサーションはかなり広い領域を扱う概念ですが、今回は、相手の立場に配慮して自分の意思を伝える「表現方法」のみにフォーカスしています。アサーション全般を学ぶものではありませんので、その点、ご留意ください。