ビジネスゲーム研修で企業内人材育成の内製化を支援 | カレイドソリューションズ - 事前課題で知識レベルの平準化は難しい

お問い合わせはこちら

代表コラム

COLUMN

事前課題で知識レベルの平準化は難しい

平準化によるターゲットの明確化であれば、事前課題はやらない方がよい

研修のご提案をしていると、「参加者の知識レベルを合わせて参加者のターゲットを明確にしたいから、事前課題を与えたい」というお申し出を頂くことがあります。

研修のターゲットをどこに据えるか次第ですが、知識レベルを合わせる理由が平準化によるターゲットの明確化であれば、事前課題はやらない方がよいのではないかと考えています。

事前課題にどれだけ真剣に取り組むかは、かなり意欲の高さと比例するところがあります。これまで勉強してこなかった人は、そのテーマについて意欲が低いからだと思います。また、内容に関する理解度が高い程、事前課題の理解度も高くなります。

上記はどこまで正しいかわかりませんが、上記が正しいとすると、事前課題を与えると、むしろクラス内の上下の差は開くのではないかと思います。

例えば、財務研修ですと、そもそも財務に興味がある人は、熱心に課題をやりそうですが、そうでない人は、手を抜きそうです。また、財務に関して少し知識がある人が事前課題に例えば本を読む場合と、全く知識のない人が事前課題に本を読む場合では、理解度にかなり差がつくのではないかと思います。

こういうお話をすると、「やはり平準化ではなく、底上げだ」というお話になることがあります。となると、冒頭の参加者のターゲットを明確するというお話は実現できなくなってしまうんですよね。難しいものです。

では、どういう時に事前課題が必要なのかというと、研修を受講してもらう上で最低限必要な知識項目があり、それが明確なときかなと思うのです。

財務会計ゲーム「パースペクティブ」

財務会計ゲーム「パースペクティブ」

人気のコラムBEST5

カテゴリー別

年別アーカイブ