ビジネスゲーム研修で企業内人材育成の内製化を支援 | カレイドソリューションズ - 研修は「打ち上げ花火」か?

お問い合わせはこちら

代表コラム

COLUMN

研修は「打ち上げ花火」か?

研修は打ち上げ花火だという人がいます。

打ち上げ花火だといわれる所以は、

  • ドーンと打ち上げてキレイだけどそれで終わり

ということです。

エビングハウスの忘却曲線というものがあります。 無意味な数列などを人はどれだけ覚えていられるかという実験を行って、それを時間と忘却率でグラフにしたものです。

この実験の結果では、

  • 20分後に42%を忘却
  • 1時間で56%を忘却
  • 1日で74%を忘却

したといいます。研修講師をやっている方々には怖いデータなのではないでしょうか?

とある研修講師は、「講義をどれだけやっても、2日間研修で翌日にはほとんど忘れてる」といっていました。

この実験は「無意味」なものを覚えた場合のデータなので、これは暴論ですが、言葉・内容に意味づけができないと、上記の「エビングハウスの忘却曲線」のようにほとんどが忘れられてしまうというのは疑いようもない事実なのではないでしょうか。

では、どうやったら、参加者にとって「意味のある」「記憶に残る」ことができるのでしょうか。

打ち上げ花火になるのは仕方ないと諦めてしまうことは簡単です。でもそれでは何の面白みもありません。カレイドソリューションズ株式会社は、この打ち上げ花火を撲滅することを真剣に考えています。手法についてはコラムやサービスで随時紹介していきますので、楽しみにしていてください。

人気のコラムBEST5

カテゴリー別

年別アーカイブ