HOME
代表コラム
研修内製化を強化する「ずっとも」がわかる数字と価格設定
カレンダー

≪9月

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の記事
研修内製化は四次元ポケット型を目指す!?
新規事業のサービス名「ずっとも」について
研修内製化を強化する「ずっとも」がわかる数字と価格設定
研修を"ずっともっていられる"ことが生む価値
"研修を購読する"サービスは何費になるのか?
研修実施の遅さを"購読"で解決する
研修を購読する
企業研修と洗脳
当社のカードを使った研修の致命的な欠陥とは!?
理解を促すために「極端」を使う
月別アーカイブ
2017年
10月(1)
09月(6)
08月(1)
07月(4)
06月(2)
05月(1)
04月(1)
03月(2)
02月(3)
01月(4)
2016年
10月(5)
08月(1)
07月(1)
06月(2)
05月(7)
04月(4)
03月(1)
02月(1)
01月(5)
2015年
12月(5)
11月(2)
09月(6)
05月(1)
04月(1)
03月(1)
02月(5)
01月(2)
2014年
11月(2)
09月(1)
08月(1)
07月(13)
06月(6)
05月(3)
04月(1)
03月(10)
02月(7)
01月(2)
2013年
12月(4)
11月(4)
10月(4)
09月(1)
08月(2)
07月(1)
06月(3)
05月(4)
04月(1)
03月(2)
01月(3)
2012年
12月(6)
11月(3)
09月(9)
08月(2)
07月(1)
06月(6)
04月(7)
03月(4)
02月(2)
01月(2)
2011年
12月(5)
11月(4)
10月(1)
09月(1)
08月(3)
07月(1)
06月(5)
05月(2)
04月(1)
03月(2)
02月(4)
2010年
12月(1)
11月(2)
10月(3)
09月(3)
07月(1)
06月(2)
04月(3)
02月(2)
01月(2)
2009年
12月(2)
11月(7)
10月(4)
09月(4)
08月(5)
07月(2)
06月(3)
05月(5)
04月(4)
03月(3)
02月(3)
01月(2)
2008年
12月(2)
10月(2)
09月(1)
08月(2)
06月(1)
05月(2)
04月(2)
02月(2)
01月(3)
2007年
12月(2)
11月(3)
10月(1)
09月(3)
カテゴリ
新規事業(7)
未設定
イベント開催報告(25)
雑文(56)
当社の経営を考える(37)
考え方(34)
コンテンツ(20)
あかんたぶる(7)
解決昔話(6)
イエナイヨ管理職版(5)
エコーズ(4)
イエナイヨ(14)
成果の達人(2)
もえったー(2)
アルティメットチョイス(1)
過去のゲーム(13)
フロンティア
パースペクティブ(10)
パラダイス(10)
コーヒーブレイク
シンセサイザー(7)
トナリノココロ(17)
モチベーションマジック(18)
交渉チカラ試し(8)
研修(24)
ビジネスゲーム考(61)
開発裏話(15)
研修内製化 虎の巻 ビジネスゲームコンテンツはこちら セミナー・体験会のお知らせ カレイドソリューションズの7つの特徴 無料コンテンツ

ビジネスゲーム研修に関する代表コラム

研修内製化を強化する「ずっとも」がわかる数字と価格設定

これまで数回、当社の新事業についてチラ見せしてまいりました。多くの方にご興味を持っていただいているようで、ありがたい限りです。プレスリリースが間近に迫りそろそろ価格をお伝えできそうです。

今回の事業では、1年間「ずっとも」を「購読」頂きます。この「年間購読料」に何が含まれ、それがいくらなのかという疑問も多いので、今回はそれに応えたいと思います。

まず、何を提供するのかという点ですが、
"1時間程度の研修ツール"です。

全て新規開発の当社オリジナルのツールです。ゲーム性がありながらも日常よくあるお悩みに対応したツールが順次提供されます。

頻度は
"2ヶ月に1度"となります。
なので、年6回ということですね。

本サービスは、本年より
"3年間の期間限定事業"として実施します。

次に、運営を考えるとどの程度の人数に対応できて、どの程度の物量なのかが気になりますよね。
"4名1テーブル"を想定して作っている研修ツールです。
"5パッケージ"と講師用として1パッケージが届くので、20名までは追加料金なしでご利用いただけます。

なので、5+1パッケージ×6種類、計36パッケージが届くということです。
しかも、前回のコラムで記載した通り、レンタルではなく「買取」です。
事業終了後は、1種類30万円で販売を予定してします。

これだけの物量でかつ買取だとどれくらいなのか心配されるかもしれません。

30万円×6種類だと180万円ですが、

30万円/年でご提供いたします。

当社の新作6種類×5パッケージが30万円で手に入り、実演会への参加もできます。
(一次申込での受付分の価格設定です。)

何が届くのは明確にはお伝えできません。例えば、事業の価値が高まるもの、ビジネス知識が効率的に身につくもの、コミュニケーションが円滑になるもの・・・など豊富なテーマの中から選びぬいたものを提供していきます。
近日、既存のお客様にご郵送させていただく資料には、例が幾つか記載されていますので、そちらをご覧いただければと思います。

コメントする

お名前とメールアドレスは必須です。


画像の中に見える文字を入力してください。