HOME
代表コラム
理解を促すために「極端」を使う
カレンダー

≪6月

2017年7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新の記事
当社のカードを使った研修の致命的な欠陥とは!?
理解を促すために「極端」を使う
自分にぴったりの事例からしか学べない人たち
管理職はどうすれば部下指導に興味を持つのか?
研修講師の仕事が取って代わられる話
解決昔話の想定顧客がズレていた話
経営プロ連載「"ナラティブ"な体験で後継者を育てる ―― 「セミオーダー」研修の魅力 」が公開されました
経営プロ連載「後継者候補のプールを作るには実は研修の○○○○が肝だった 」が公開されました
経営プロ連載「有名企業の後継者候補はなぜゲームで倒産を繰り返すのか 」が公開されました
経営プロ連載「御社の後継者に忍び寄る"こじつけ研修"とは!? 」が公開されました
月別アーカイブ
2017年
07月(4)
06月(2)
05月(1)
04月(1)
03月(2)
02月(3)
01月(4)
2016年
10月(5)
08月(1)
07月(1)
06月(1)
05月(7)
04月(4)
03月(1)
02月(1)
01月(5)
2015年
12月(5)
11月(2)
09月(6)
05月(1)
04月(1)
03月(1)
02月(5)
01月(2)
2014年
11月(2)
09月(1)
08月(1)
07月(13)
06月(6)
05月(3)
04月(1)
03月(10)
02月(7)
01月(2)
2013年
12月(4)
11月(4)
10月(4)
09月(1)
08月(2)
07月(1)
06月(3)
05月(4)
04月(1)
03月(2)
01月(3)
2012年
12月(6)
11月(3)
09月(9)
08月(2)
07月(1)
06月(6)
04月(7)
03月(4)
02月(2)
01月(2)
2011年
12月(5)
11月(4)
10月(1)
09月(1)
08月(3)
07月(1)
06月(5)
05月(2)
04月(1)
03月(2)
02月(4)
2010年
12月(1)
11月(2)
10月(3)
09月(3)
07月(1)
06月(2)
04月(3)
02月(2)
01月(2)
2009年
12月(2)
11月(7)
10月(4)
09月(4)
08月(5)
07月(2)
06月(3)
05月(5)
04月(4)
03月(3)
02月(3)
01月(2)
2008年
12月(2)
10月(2)
09月(1)
08月(2)
06月(1)
05月(2)
04月(2)
02月(2)
01月(3)
2007年
12月(2)
11月(3)
10月(1)
09月(3)
カテゴリ
未設定
イベント開催報告(25)
雑文(55)
当社の経営を考える(37)
考え方(34)
コンテンツ(20)
あかんたぶる(7)
解決昔話(6)
イエナイヨ管理職版(5)
エコーズ(4)
イエナイヨ(14)
成果の達人(2)
もえったー(2)
アルティメットチョイス(1)
過去のゲーム(13)
フロンティア
パースペクティブ(10)
パラダイス(10)
コーヒーブレイク
シンセサイザー(7)
トナリノココロ(17)
モチベーションマジック(18)
交渉チカラ試し(8)
研修(23)
ビジネスゲーム考(61)
開発裏話(15)
研修内製化 虎の巻 ビジネスゲームコンテンツはこちら セミナー・体験会のお知らせ カレイドソリューションズの7つの特徴 無料コンテンツ

ビジネスゲーム研修に関する代表コラム

理解を促すために「極端」を使う

人がものを理解することは、違いを知ることです。「違いを知る」ためには、類似したものを比較することで微差を認識することもあれば、極端なものを対比することで違いを認識することもあります。

リーダーシップ理論のようなものはその最たるものなのではないでしょうか。例えば、「リーダーシップ」と十把一絡げで扱われがちな概念を有名な"マネジリアルグリッド"では、極端な例を対比することで違いを浮き彫りにしています。

マネジリアル・グリッドでは、リーダーシップの行動スタイルを、人への関心と業績への関心にわけました。そして、その度合を9段階にわけ、9×9のマトリクスをつくり、「典型的な」類型を示すことで、リーダーシップのスタイルの違いを浮き彫りにしました。

マネジリアル・グリッドでは、1:9、9:1、9:9、1:1、5:5というある意味で極端な例を取り上げています。ただ、現実を見てみると、これらのうち、5:5以外の類型に属する人物像はそれほど多くないでしょう。現実には、5:5の周辺に多くのサンプルが分布しているはずです。1:9の人材は極端すぎて、ほとんどサンプルがないのではないかと思います。
では、なぜこれを「類型」としたのかといえば、それを知ることで、5:6と6:5の人の差異や、4:5と5:6の人の差異といったものが見えやすくなるからにほかなりません。つまり、文字通りの極端(極めて端)を知ることで、理解が進むのです。

先般、イエナイヨ管理職版のキャラクター設定が極端だという話を書きましたが、これはまさに極端であることで理解が進むという理由です。極端な人物像をカード化しているから、それらへの対応が学べるのですが、ほとんど差のない現実に近い人物像では、まず違いを認知するのが精一杯で、「こういう人にはこういうアプローチ」という手続き的な知識は身につきません。
よりわかりやすくいえば、ドラえもんのキャラクター設定を思い出すと良いでしょう。ジャイアン、スネ夫、のび太といったキャラクター設定は現実にはどこにもいません。しかし、あれらのキャラクターを幼い頃から見聞きしたことによって、ジャイアン寄り、スネオ寄り、のび太寄りを私たちは容易に弁別できるようになっているのです。

コメントする

お名前とメールアドレスは必須です。


画像の中に見える文字を入力してください。