HOME
代表コラム
当社のカードを使った研修の致命的な欠陥とは!?
カレンダー

≪7月

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新の記事
企業研修と洗脳
当社のカードを使った研修の致命的な欠陥とは!?
理解を促すために「極端」を使う
自分にぴったりの事例からしか学べない人たち
管理職はどうすれば部下指導に興味を持つのか?
研修講師の仕事が取って代わられる話
解決昔話の想定顧客がズレていた話
経営プロ連載「"ナラティブ"な体験で後継者を育てる ―― 「セミオーダー」研修の魅力 」が公開されました
経営プロ連載「後継者候補のプールを作るには実は研修の○○○○が肝だった 」が公開されました
経営プロ連載「有名企業の後継者候補はなぜゲームで倒産を繰り返すのか 」が公開されました
月別アーカイブ
2017年
08月(1)
07月(4)
06月(2)
05月(1)
04月(1)
03月(2)
02月(3)
01月(4)
2016年
10月(5)
08月(1)
07月(1)
06月(2)
05月(7)
04月(4)
03月(1)
02月(1)
01月(5)
2015年
12月(5)
11月(2)
09月(6)
05月(1)
04月(1)
03月(1)
02月(5)
01月(2)
2014年
11月(2)
09月(1)
08月(1)
07月(13)
06月(6)
05月(3)
04月(1)
03月(10)
02月(7)
01月(2)
2013年
12月(4)
11月(4)
10月(4)
09月(1)
08月(2)
07月(1)
06月(3)
05月(4)
04月(1)
03月(2)
01月(3)
2012年
12月(6)
11月(3)
09月(9)
08月(2)
07月(1)
06月(6)
04月(7)
03月(4)
02月(2)
01月(2)
2011年
12月(5)
11月(4)
10月(1)
09月(1)
08月(3)
07月(1)
06月(5)
05月(2)
04月(1)
03月(2)
02月(4)
2010年
12月(1)
11月(2)
10月(3)
09月(3)
07月(1)
06月(2)
04月(3)
02月(2)
01月(2)
2009年
12月(2)
11月(7)
10月(4)
09月(4)
08月(5)
07月(2)
06月(3)
05月(5)
04月(4)
03月(3)
02月(3)
01月(2)
2008年
12月(2)
10月(2)
09月(1)
08月(2)
06月(1)
05月(2)
04月(2)
02月(2)
01月(3)
2007年
12月(2)
11月(3)
10月(1)
09月(3)
カテゴリ
未設定
イベント開催報告(25)
雑文(56)
当社の経営を考える(37)
考え方(34)
コンテンツ(20)
あかんたぶる(7)
解決昔話(6)
イエナイヨ管理職版(5)
エコーズ(4)
イエナイヨ(14)
成果の達人(2)
もえったー(2)
アルティメットチョイス(1)
過去のゲーム(13)
フロンティア
パースペクティブ(10)
パラダイス(10)
コーヒーブレイク
シンセサイザー(7)
トナリノココロ(17)
モチベーションマジック(18)
交渉チカラ試し(8)
研修(24)
ビジネスゲーム考(61)
開発裏話(15)
研修内製化 虎の巻 ビジネスゲームコンテンツはこちら セミナー・体験会のお知らせ カレイドソリューションズの7つの特徴 無料コンテンツ

ビジネスゲーム研修に関する代表コラム

当社のカードを使った研修の致命的な欠陥とは!?

弊社の研修では、名刺サイズのカードを用いてコミュニケーションの訓練をします。カードはスペースが限られます。ほとんど情報が記載できません。A4の紙には紙面の大きさでは敵いませんし、映像や動画には当然情報量で劣ります。このため「これだけの情報量では判断できない」という声を頂くこともあります。

では、なぜあえてカードというメディアを使うのでしょうか?

それは、ひとえに「試行回数を増やすため」です。
A4の紙を読み込む時間とカード1枚を見る時間を比べるとカードであれば一瞬です。このため、コンテキストをあえて犠牲にして、試行回数を増やすことに絞り込みを行っているのです。

逆から考えてみましょう。カードゲームのカードをA4サイズにして、それを読み込んでからロープレをして・・・だとよくある研修と変わりませんね。スピード感もなく、数枚やったら終わってしまいます。これでは定着ができません。

いつも思うのですが、あれもこれもと詰め込むことは、大概失敗します。用途は徹底的に絞り、「試行回数を増やして反復訓練すること」に絞り込んだ方がよいのです。

コメントする

お名前とメールアドレスは必須です。


画像の中に見える文字を入力してください。